かつて人気を博した90年代の時計たち! 【オーデマ・ピゲ】

今回はオーデマ・ピゲからロイヤルオーククロノを取り上げる。意外に思われるかもしれないが、いまやロイヤルオーククロノの顔と言ってもいいほどのオーヴァーシーズだが実は初出が1996年と、まだ25年しか経っていない。

 このオーヴァーシーズだが、そのベースと位置付けられているのは創業222年を記念して77年にリリースされた、その名も222がそうだとする考えもあったが、オーデマ・ピゲの研究書『オーデマ・ピゲの神秘(フランコ・コローニ、ドミニク・フレション共著、2005年、フラマリオン社)』のなかでも言及されているが、直接的な原型となったのは、どうやら89年に発表されたフィディアスのようだ。

オーデマピゲ コピー ロイヤルオーククロノ 38㎜ 26315ST.OO.1256ST.02

カテゴリ オーデマピゲ ロイヤルオーク
型番 26315ST.OO.1256ST.02
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ ユニセックス
カラー ルテニウム/シルバー
外装特徴 シースルーバック
ケースサイズ 38.0mm
機能 クロノグラフ
デイト表示
付属品【詳細】 内箱 外箱 ギャランティー

1972年の誕生以来、ラグジュアリースポーツウオッチの頂の一つであり続ける【ロイヤルオーク】。
そのクロノグラフバージョンが、こちらの【ロイヤルオーク クロノグラフ】です。
こちらはケース径38mmで男性だけでなく女性も魅了するユニセックスサイズのクロノグラフです。
文字盤には「グランド・タペストリー」模様のグレー・ルテニウムカラーダイアルを採用し、ムーブメントには40時間パワーリザーブの自動巻きキャリバー2385を搭載します。
スポーティーな佇まいではありますがエレガンスも感じさせ、フォーマルな場にもよく似合うのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です