ダイバーズウォッチを模した時計のように見えてしまうのだ。

この基準では、一連の防水検査を含む複数のテストをパスすることや、暗闇のなかで25cm離れた場所からでも時刻を読み取ることができることや、真のダイバーズウォッチには欠かせない逆回転防止ベゼルを備えていることなど、デザイン上の要件も規定されている。ロレックス スーパーコピーダイバーズウォッチの神髄ともいうべき特徴である経過時間測定のための回転ベゼルは、ロレックス サブマリーナーがデビューした1950年代前半まで遡ることができる。

ロレックス シュプリーム コピー ロレックス 29800円 本物 サブマリーナ N品 シュプリーム コラボ サブマリーナ 文字盤には真紅で『FUCK EM』114060

2021リーク シュプリームxロレックス 2021 Collaboration ロレックスコピー口コミ
商品名: ロレックス シュプリーム Fuck Em ノベルティ
型番: 114060
ケース素材: SS
風防素材: サファイアクリスタル
ムーブメント: 2836 movement 28800VPH
本体サイズ(直径): 40.5mm
素材=ステンレス
文字盤には真紅で『FUCK EM』
背面部分に『シュプリーム』ロゴ刻印

このことは、ダイバーズウォッチの圧倒的な人気の背景には、少なくとも視覚的な類似性が関係しているのではないかというヒントを与えてくれる。普段から時計の世界に身を置いていない人(それが普通だが)にとっては、多くのダイバーズウォッチは、ギョッとするほど見分けがつかず、一見しても何の違いもないことが多いだろう。自分の好みを表現するという点では間違いなく選択肢が比較的狭いといえるのではないか。

 ダイバーズウォッチのデザインの均質性は、ブランドに他のダイバーズウォッチとは異なる独自のデザインによる差別化を模索させているものの、その成功例は非常に稀だ。ダイバーズウォッチは、機能的に優れているかどうかという、最も根本的なレベルで評価されている。自社のダイバーズウォッチを他のメーカーと差別化を図りたくとも、その努力はすぐに限界点に達してしまう。つまり装飾を施した際に、ダイバーズウォッチを模した時計のように見えてしまうのだ。この症候群的な極端な例は、子供(あるいは、そのまま年を取った大人)が描いたレーシングカーや軍用車両の絵のような時計を生み出すことに似ている。巨大なサイズのタイヤを追加したり、まったく関連性のない5種類の口径の銃を発射する砲塔まで、あらゆる機能を備えながら相互の機能が破綻しているというだけでなく、恐らく走行もままならない車両のような時計になってしまうというわけだ(私も子供の頃、その類の絵を描いたものだ)。

【関連記事】:http://illustrates.top/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です